eスポーツ

【PUBG】PKLルールの詳細

投稿日:2019年1月11日 更新日:


今回は
PWI(PJS Winter Invitational 2018)
PAI(PUBG Asia Invitational Macao 2019)
の公式ルールとして採用されて話題を呼んだPKLルールについて解説していきます。

スポンサーリンク

チーム

スクワッド(1チーム4人)
16チーム(64人)

ポイントシステム

順位ポイント

ドン勝 8pt
2位 4pt
3位~4位 2pt
5位~16位 0pt

キルポイント

1キル:1pt

マップ

Erangel・Miramarを使用

TPP・FPP

FPPのみ

安全地帯


飛行機が飛び立った直後にフェーズ1の安全地帯が表示される

縮小ぺースとダメージ量

フェーズ 縮小開始 縮小完了 ダメージ量
フェーズ1 3分 4分30秒 0.6/s
フェーズ2 1分30秒 2分 0.8/s
フェーズ3 1分30秒 2分 1.0/s
フェーズ4 1分 3分 3.0/s
フェーズ5 1分 2分 5.0/s
フェーズ6 1分 2分 8.0/s
フェーズ7 1分 1分30秒 10.0/s
フェーズ8 30秒 1分 14.0/s
フェーズ9 1分 1分20秒 16.0/s

レッドゾーン

無効

2019年の大会はPKLルールが主流となる!?

PKLルールはキルポイント重視のポイントシステムや
安全地帯の表示に大きな特徴があります。

PUBG Corp.はPKLルールを推していると噂されており
今後の大会はPKLルールが基本となっていく可能性があります。

しかし、これまでの大会で使用されてきたルールに比べると
あまりにもキル重視のため各運営組織からの反発も予想されます。

おわりに


2019年はeスポーツとしてさらに発展していくことが期待されているPUBG


日本公式リーグのPJSからも目が離せませんね!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

今後も最新情報・攻略情報を続々と更新していくので、

是非ブックマーク登録をよろしくお願いします。

YouTubeにて攻略動画も投稿しています
チャンネルページへはこちらをクリック

Twitterもやっています。
アカウントはコチラをクリック

スポンサーリンク

-eスポーツ

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です